[PR] ショッピング ホラーブログ ホラー映画 洋画

ホラー映画 洋画

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 黒猫の怨霊 |ロジャー・コーマン(06/08)
  3. デモンズ1&2 コレクターズDVD-BOX |ランベルト・バーヴァ(06/01)
  4. エイリアン4 完全版 (2枚組 プレミアム) |大友龍三郎(05/13)
  5. フロム・ダスク・ティル・ドーン3 |P.J.ピース(05/04)
  6. 地球最後の男/人類SOS!(2in1) |ヴィンセント・プライス(05/04)
次のページ
まだまだホラー・オカルトを楽しみたいならこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←この作品が好きな方はclick
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黒猫の怨霊 |ロジャー・コーマン

黒猫の怨霊黒猫の怨霊
出演:フロイド・クロスビー /レス・バクスター
エスピーオー
発売日 2003-05-02
価格:¥5,040(税込)
オススメ度:★★★



ヴィンセント・プライス三変化 2003-06-14
「怪異ミイラの恐怖」は、妻のミイラとともに一人豪邸に住み続ける男のもとに、遠くに追いやられていた娘が帰って来るという話。
「黒猫の怨霊」は、アル中の男が、ふと知り合った利き酒名人の裕福な男と妻の不倫を知るという話。
「人妻を眠らす妖術」は、不治の病にかかった男が、怪しげな催眠術師によって、病死後も魂が肉体から離れずにい続けるという話です。
脚本がリチャード・マシスン、美術がダニエル・ハラーと、ロジャー・コーマン&AIPのベストスタッフが制作している本作は、人間の死をテーマに、ゴシックムードにあふれた幻想的な話を作り出しています。
特にお勧めなのが「黒猫の怨霊」。
原作小説からして陰惨な雰囲気になって当然の物語を、妙にユーモラスな演出で仕上げています。
他の話では主人公のプライスがこの話では脇役の利き酒名人に扮し、その表情豊かで三枚目な演技には大爆笑。
他の作品では重厚な演技を見せるプライスですが、コメディも似合う俳優なんだと感心させられました。

さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト

←この作品が好きな方はclick

デモンズ1&2 コレクターズDVD-BOX |ランベルト・バーヴァ

デモンズ1&2 コレクターズDVD-BOXデモンズ1&2 コレクターズDVD-BOX
出演:
エスピーオー
発売日 2004-05-07
価格:¥10,290(税込)
オススメ度:★★★★



いよいよ発売♪ 2004-05-03
待ちに待ったデモンズとデモンズ2のBOXですね。
爪や牙でチョビットでも傷つけられてしまうと瞬く間に血管ドクドク、爪、歯が生え変わりあっとゆう間にデモンズさんが出来上がりそこらじゅうの人間に問答無用で襲い掛かるシーンは昔ながらにとっても怖かったですね。
とても19年前の作品とは思えません(驚)。
最近はこうゆう直球ホラー物がなくなって寂しい限りです。
ちなみにデモンズ2は待望の初DVD化です。
オマケのマスクは、なーんとなく、ちゃちいですが良しとしましょう(笑)。
素直に怖い思いをしたい人は買いです!!

さらに詳しい情報はコチラ≫


←この作品が好きな方はclick

エイリアン4 完全版 (2枚組 プレミアム) |大友龍三郎

エイリアン4 完全版 (2枚組 プレミアム)エイリアン4 完全版 (2枚組 プレミアム)
出演:大友龍三郎 /日野由利加 /ロン・パールマン /ダン・ヘダヤ /ウィノナ・ライダー /ジャン=ピエール・ジュネ /幸田直子
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日 2006-04-28
価格:¥2,990(税込)
オススメ度:★★★


冥王星の軌道から少し離れた宇宙に、ペレズ将軍の宇宙船が停泊していた。彼らはリプリーのクローンを作り、その体内に潜入していたエイリアンをとり出そうとする。そこへ宇宙密輸団の一行が到着した。クローンで甦ったリプリーは、エイリアンを積んだ宇宙船が地球に着く前に、すべてのエイリアンを絶滅させないといけない。タイムリミットは3時間である。
SF映画史の流れを変えた『エイリアン』シリーズの第4弾である。監督は、異色SF『デリカテッセン』で知られるジャン=ピエール・ジュネ。リプリー役には当然シガーニー・ウィーバー、謎の若い美女コールの役でウィノナ・ライダーが共演する。シリーズで初めてフルCGを採用しており、「水かき」つきの新エイリアンが多数登場する。独創的な映像美術が、ショッキングなドラマを引き立てている。(アルジオン北村)

設定は悪くないけど・・・ 2006-03-12
「3」の衝撃的なラストの後の続編。



今回のリプリーは、長年の宿敵だったエイリアンをあまり敵視しておらず、

愛情を注ぐなんてシーンまであって、驚きました。

人間離れした力を今回のリプリーは持っているので、第一作目から見ている人には、

こんなリプリー好きになれない!なんて人も多いはず。

ラストのあたりで出てくる、リプリーの子供エイリアンはもはやエイリアンじゃなく

チンケなSFホラーのモンスター化しているので「なんじゃそりゃ」って感じ。



うーん・・・ぶっちゃけこれ以上エイリアンの続編はいらないんじゃないかなぁ・・・。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/3/7に作成しました。



←この作品が好きな方はclick

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 |P.J.ピース

フロム・ダスク・ティル・ドーン3フロム・ダスク・ティル・ドーン3
出演:
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2001-07-27
価格:¥5,040(税込)
オススメ度:★★★



THE HUNGMAN'S DAUGHTER 2005-08-22
シリーズ3作目は前2作のプリクエル。
オリジナルが過去のギャングスター映画にそのルーツを求めるのに呼応するように、本作はウェスタン、それもセルジオ・レオーネ的スパゲティー・ウェスタンのスタイルをとる。
もちろん第一作で既に見るものはこれがバンパイヤ物語であることを既に知っているし、後半の展開を示唆するフラッシュバックともプレモニションともつかないショットもインサートされるのであるが、それでも約55分にわたるそのオーソドックスな西部劇に引き込まれる。

監督P・J・ペーシュは学生時代マーティン・スコーセジとブライアン・デパルマに師事し、一方からは賞賛され、もう一方からは「F」をもらうという極端な結果を残したらしい。
彼のインディペンデント作品「The Desperate Trail」は、ドメスティック・バイオレンスをテーマとした西部劇で、それは本作にサイド・ストーリとして語られるエスメラルダとその父ハングマンとの関係にも共通するものがみられ興味深い。
なを前作「2」でやや弱かった脚本は、再び、ロバート・ロドリゲスと、そのいとこアルバルド・ロドリゲスが手がけるパワフルなものに戻っている。
オリジナルの例のバーがピラミッドの頂に位置する設定が再びビジュアルで見れるのもファンには嬉しい。

さらに詳しい情報はコチラ≫


←この作品が好きな方はclick

地球最後の男/人類SOS!(2in1) |ヴィンセント・プライス

地球最後の男/人類SOS!(2in1)地球最後の男/人類SOS!(2in1)
出演:
ビデオメーカー
発売日 2005-02-25
価格:¥5,040(税込)
オススメ度:★★★



テーマ性の強い作品 2006-12-14
【地球最後の男】 ★5つ
地球上に一人だけの人間となり、ひたすら吸血鬼に杭を打ち込むことだけの毎日。
生きる歓びを失った人間の絶望感をビンセント・プライスが素晴らしく演じる。
前半で生きる苦悩が描かれ、後半では、自分が正義だと思って取っていた行動が実は少数派(一人だけの人間)である世界では多数派から悪とみなされることに気づかされる(彼は吸血鬼の感染者から伝説の男と呼ばれる)。
ラストの主人公のもとに送り込まれた女性が泣きじゃくる子供に「もう、大丈夫よ」という一言から彼の取ってきた行動の重さと悲しさが感じられる。
ビンセント・プライスの行動はベトナム戦争のアメリカ自体とかぶって観てしまい、重いテーマ性を感じた。

【人類SOS!】 ★3つ
流星群の影響で人類から視力がなくなり、トリフィドという肉食植物が徘徊する世界に変ってしまった地球を描いた作品。
前半の視力を失った人達が歩く姿はゾンビのようでもあり恐ろしいし、駅で列車が突っ込み(運転手の視力がなくなると列車を止めるのではと突っ込みたくなるが)パニックになるシーンの迫力は秀逸。
高圧線の金網でトリフィドをくいとめるシーンは明らかに「死霊のえじき」影響を与えている。
しかし、突然のハピーエンド?はいただけない。大半の人間の視力がなくなった世界に増え続けるトリフィドには人間の勝利はないのでは...

両作品とも明らかに後のホラー映画に大きな影響を与えた重要な作品だと思う。
2作全体で★4つです。

さらに詳しい情報はコチラ≫


←この作品が好きな方はclick
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。